西川貴教が無観客ライブで肉体美披露「画面を通して目の前のように観賞していただける」

2020年11月21日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャケットを脱ぎ、筋肉を見せて歌う西川貴教

ジャケットを脱ぎ、筋肉を見せて歌う西川貴教

  • ジャケットを脱ぎ、筋肉を見せて歌う西川貴教
 歌手の西川貴教(50)が21日、東京・新宿のライブハウス、日清食品POWER STATION「REBOOT」のこけら落とし公演を行った。同所にはかつてライブハウスがあったが、22年ぶりに日本初の音楽と配信に特化した無観客ライブハウスとしてオープンした。
 西川は「(新型コロナの)感染症が広がる中、(アーティストの)思いを支えてくれる場所。最初に立たせていただけて光栄」と話した。
 ライブでは今後CMでも流される予定の新曲「AS a route of ray」を初披露するなど11曲を熱唱。ジャケットを脱ぐと鍛え抜かれたムキムキの筋肉の上半身がのぞくファンにはたまらないパフォーマンスもあった。
 取材陣から筋肉に関する質問が出ると「(その話題で)イジろうとしてますね」と言いつつも「いいですよ」と笑顔でジャケットを脱いで見せた。「画面を通して(肉体を)目の前のように観賞していただけるので、条件の整った体にしておきたいと思います」と宣言した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ