ソフトバンク・工藤監督も好投・千賀を”アシスト” 「死球がファールに」シリーズ初のリクエスト成功

2020年11月21日 19時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏1死二塁、吉川尚の死球判定で、リクエストを要求するソフトバンク・工藤監督(中)

3回裏1死二塁、吉川尚の死球判定で、リクエストを要求するソフトバンク・工藤監督(中)

  • 3回裏1死二塁、吉川尚の死球判定で、リクエストを要求するソフトバンク・工藤監督(中)
◇21日 SMBC日本シリーズ第1戦 巨人―ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 ソフトバンク・工藤公康監督(57)のリクエストが成功した。
 2―0とリードした4回1死二塁で、先発の千賀滉大投手(27)が投じた吉川尚への5球目が死球と判定されると、審判団にリクエストを要求。実際にはバットのグリップに投球が当たっていたとして、ファウルに覆った。
 仕切り直した千賀は吉川尚、松原を打ち取り、このイニングも無失点で切り抜けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ