笹生優花「チャンスあったけど…」2打差2位から最終日逆転狙う 松山の印象は「じゃこ天おいしかった!」

2020年11月21日 18時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3日、9番でティーショットを放つ笹生優花

第3日、9番でティーショットを放つ笹生優花

  • 第3日、9番でティーショットを放つ笹生優花
◇21日 国内女子ゴルフ 大王製紙エリエールレディスオープン第3日(松山市・エリエールGC松山)
 現在、賞金ランクトップの笹生優花(19)=ICTSI=は5バーディー、1ボギーの4アンダーの67。通算11アンダーで、首位と2打差の2位で最終ラウンドに臨む。
 「バーディーチャンスはもっとあったけど入らなかったです」
 それでも12番から圧巻の4連続バーディー奪取で、トップの古江に食い下がった。松山グルメも満喫している様子で「じゃこ天? あー、黒いヤツですね。初めての味でおいしかったです」とのこと。
 出場権を得た12月の全米女子オープンについては「行きたいけど、テキサスのコロナ感染状況次第では、行かない場合もあります」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ