中日のR・マルティネス「状態は80・85パーセント」全力疾走も披露 キャンプまでに故障完治目指す

2020年11月21日 18時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールで調整するR・マルティネス

キャッチボールで調整するR・マルティネス

  • キャッチボールで調整するR・マルティネス
 中日のライデル・マルティネス投手(24)が21日、ナゴヤ球場で報道陣の取材に応じ、「まずは100パーセントに早く治すこと。キャンプに間に合うようにやっている」と言葉に力を込めた。
 今季は途中から守護神として君臨。40試合に登板し21セーブを挙げた。セーブ王のタイトルも視野に入れていたが、10月21日に左脇腹を痛め登録抹消された。
 「悔しかった。でも人生は良いこともあれば、悪いこともある。しょうがない」と胸の内を明かす。
 現在はナゴヤ球場でリハビリ中。この日は全力疾走に近い形で走り、キャッチボールも40メートルほどの距離で強い球を投げ込んだ。
 「状態は80・85パーセントまで上がってきたよ」。なぜか80パーセントでなく、80・85パーセント。冗談も言えるほどに、回復は順調なようだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ