歳暮、テーマはイエナカ 西武福井店

2020年11月21日 05時00分 (11月21日 12時44分更新)
多くの買い物客でにぎわうお歳暮ギフトセンター=福井市の西武福井店で(蓮覚寺宏絵撮影)

多くの買い物客でにぎわうお歳暮ギフトセンター=福井市の西武福井店で(蓮覚寺宏絵撮影)

  • 多くの買い物客でにぎわうお歳暮ギフトセンター=福井市の西武福井店で(蓮覚寺宏絵撮影)

 福井市の西武福井店は二十日、本館六階催事場に、お歳暮の注文や相談に応じるお歳暮ギフトセンターを開設した。新型コロナウイルスの影響で外出の自粛傾向が続いていることから、テーマを「イエナカ時間×ごちそう」と設定。行った気持ちで各地の味を楽しんでもらう商品のほか、福井のグルメなどを提案している。十二月二十五日まで。
 かにしゃぶセットや牛タンの詰め合わせ、伊勢うどんなど各地を代表する味をずらりと紹介。福井のコーナーでは、ズワイガニやセイコガニ、アマエビといった海産物が目を引いていた。初日から大切な人への贈り物のため、多くの人が品定めに訪れていた。福井市の漆崎照子さん(76)は「お世話になった方にお中元とお歳暮の年二回、真心を込めて送りたい」とほほ笑んだ。
 西武福井店の川上ひとみさんは「今年は大切な方に会えない方も多かったと思う。一年の締めくくりに福井の名産品などおいしいエールを送り合ってもらいたい」と話した。 (鈴木啓太)

関連キーワード

PR情報