海の生き物描いたトートバッグ販売 魚津水族館

2020年11月21日 05時00分 (11月21日 11時23分更新)
販売が始まったミニトートバッグとイラストを描いた斎藤真里飼育員=魚津市の魚津水族館で

販売が始まったミニトートバッグとイラストを描いた斎藤真里飼育員=魚津市の魚津水族館で

  • 販売が始まったミニトートバッグとイラストを描いた斎藤真里飼育員=魚津市の魚津水族館で
 魚津水族館は、富山湾の魚たちのイラストが描かれたオリジナルのミニトートバッグの販売を始めた。
 綿製で幅約三十センチ、高さ二十センチ、奥行き十センチ。同館と富山湾にふさわしい生き物として、リュウグウノツカイ、ウマヅラハギ、ブリ、ホタルイカ、フンボルトペンギン、ゴマフアザラシ、ホテイウオを選び、斎藤真里飼育員がかわいらしいイラストを描いた。
 色は薄い青とベージュに近い白の二種で、価格は税込み千円。各色五十枚を用意した。斎藤飼育員は「思ったより小さく仕上がった。子どもさんが持つのも良いのでは」と話した。
 バッグは、昨年度実施した来館者アンケートでオリジナルグッズとして要望する声が多かったため、製作を決めた。(松本芳孝)

関連キーワード

PR情報

富山の最新ニュース

記事一覧