ヨーヨー多彩な技競う 岩倉で全日本選手権大会

2020年11月21日 05時00分 (11月21日 05時00分更新) 会員限定
フリースタイル1A部門で優勝した柏谷さん=岩倉市の市総合体育文化センターで

フリースタイル1A部門で優勝した柏谷さん=岩倉市の市総合体育文化センターで

  • フリースタイル1A部門で優勝した柏谷さん=岩倉市の市総合体育文化センターで
 全日本ヨーヨー選手権大会が十月二十四、二十五の両日、岩倉市総合体育文化センターであった。ひも付きのヨーヨー一個を操るフリースタイル1A部門では新潟県の大学生、柏谷悠太さん(19)が優勝した。
 二十二回目で、岩倉市では初開催。フリースタイルの五部門と、規定の技を順番に行う「アドバンスド」、四十歳以上、女性専用の計八部門があり、新型コロナウイルス感染症対策で無観客で行われた。
 二十五日はフリースタイル五部門の決勝があり、前日の準決勝を勝ち抜いた選手らが、三分間の音楽に合わせて矢継ぎ早に技を繰り出し、技の難易度、種類の多さ、正確性を競った。
 日本ヨーヨー連盟の代表理事、三居弘典さんは「毎年、技の難易度や完成度がかなり上がり、今回も見応えのある試合だった」と話した。
 1〜5A部門の優勝者は来年夏にハンガリー・ブダペストで開かれる世界大会のシード権が与えられる。 (鈴木里奈)
 ◇ほかの各部門優勝者
 2A 山本拓馬▽3A 栗田智也▽4A 安本拓巳▽5A 阿部恭大▽アドバンスド 亀屋輝男、吉井博昭▽40歳以上 松田智美▽女性 飯塚知世

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報