純烈、100万円フィギュア&ファンと“3ショット撮影会" 4大都市に各メンバー訪れて交流

2020年11月21日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファンと3ショット撮影会に臨む酒井一圭。フィギュアは小田井涼平=大阪市で

ファンと3ショット撮影会に臨む酒井一圭。フィギュアは小田井涼平=大阪市で

  • ファンと3ショット撮影会に臨む酒井一圭。フィギュアは小田井涼平=大阪市で
 男性4人組歌謡コーラスグループ「純烈」が20日、東京・大阪・札幌・福岡の4都市で、ヒット中の楽曲「愛をください~Don't you cry~」のPRイベントを開催した。各都市をメンバーが1人ずつ訪れ、そっくりな等身大フィギュアとともにファンと異例の“3ショット撮影会"を行った。
 イベントは19日から始まっており、22日まで4日連続で行われ計約1300人のファンと交流する。等身大フィギュアは1体ずつ各都市に常駐するが、メンバーはそれぞれの会場を4日間入れ代わりで回る。20日は東京で後上翔太(34)、大阪でリーダー酒井一圭(45)、札幌で白川裕二郎(43)、福岡で小田井涼平(49)がファンとのひとときを楽しんだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、純烈が複数のファンとの対面イベントを行うのは2月以来、約9カ月ぶりとなった。
 フィギュアは、酒井と親交のあった造形作家・寒河江弘さんが製作を始めたが、寒河江さんが昨年10月に大腸がんのため52歳で急逝し、計画がいったん頓挫。しかし、酒井と、フィギュアなどを製作する「海洋堂」(大阪府門真市)が遺志を引き継ぎ、今年4月から作業を開始した。メンバーの写真を基に発泡スチロールで型を取り、樹脂で表面を補強して塗装し、5カ月かけ完成。1体の製作費は約100万円。
 小田井は20日、福岡市で後上のフィギュアとイベントを盛り上げた。コロナ感染予防のため、フィギュアを間に挟み、ファンと接触せずに撮影。今週は3年連続のNHK紅白歌合戦出場と2年連続の日本レコード大賞優秀作品賞受賞といううれしいニュースが相次ぎ、ファンからは「おめでとう!」の声も飛んだ。
 フィギュアは展示もされるため、小田井は「盗まれてニュースになってほしい。(報道で)勝手に宣伝してもらえる」とニヤリ。「ほかのメンバーが盗まれたのに、自分だけ盗まれないというのも面白い」と笑いを誘った。
 白川は「ファンの皆さんと『長かったね』と言い合い、なんだか遠距離恋愛してる恋人みたいだなぁーと感じた時間」と表現。後上は「実家に帰ったような安心感と久しぶりの緊張感が入りまじり、何より笑顔で喜んでいただけるのを見て生きてると実感しました」とコメントした。酒井は「紅白に向けてパワーチャージ完了。あらためてファンのみんなからもらうパワーが一番力になると、しみじみありがたさを感じていました」と語った。
【関連記事】
◆「コロナで純烈の仕事なくなった」小田井涼平&LiLiCo夫妻
◆チュート徳井の深夜会見 繰り返される不祥事の謝罪
【読まれています】
◆仲村美海セクシーなカレンダー自前のピンクビキニ姿でPR
"◆【写真】スレンダー泉玲菜がDVD「綺麗なお姉さん」
◆【写真】驚異のクビれ!? 38歳の熊田曜子
◆【写真】森咲智美「いつも以上にエロい水着で気合」
◆【写真】驚異の61歳…往年アイドル『奇跡のビキニ』
◆森咲智美「こんな形のは初めて…」きわどすぎるシースルー水着"

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ