本文へ移動

中日ドラフト6位三好大倫 契約金3500万円、年俸840万円 走攻守そろった即戦力候補「新人王」が目標

2020年11月20日 19時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 仮契約を結んだ三好大倫(左)と、野本担当スカウト

 仮契約を結んだ三好大倫(左)と、野本担当スカウト

 中日からドラフト6位指名を受けたJFE西日本・三好大倫外野手(23)が20日、広島県福山市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3500万円、年俸840万円で仮契約した。走攻守の3拍子そろった即戦力候補は、改めて「新人王」獲得を目標に掲げた。
 ドラゴンズへの“愛"を示す青色ネクタイ姿で、よどみなく宣言した。「高く評価いただいた期待に応えられるよう、即戦力として頑張りたい。新人王を全力で取りにいきます」。積極的な打撃と脚力を武器に、大島以外は固定できなかった外野手争いに1年目から挑む自覚をにじませた。
 目標に向け、偉大な経験者から直々に学ぶ。1988年に高卒1年目で新人王となった球団OB立浪和義さん(51)が、来春キャンプで臨時コーチを務めることは情報収集済み。三好は「バッティングの確実性など技術面をしっかり聞き、取り入れていきたい」と、大先輩に教えを請う意欲を示した。
 香川・三本松高から投手として入社し、野手転向2年目。これまで同じ左投げ左打ちの阪神・近本の動画をユーチューブで分析し、打撃の間の取り方や、盗塁技術の参考としてきた。ドラフト指名後は土台作りとして、体幹やスイングの強化に励む。「今から勝負は始まっている」。自覚十分の23歳が打撃同様に積極的に挑む。
 ※金額は推定
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ