若年性認知症者に就業機会を 県が支援あり方検討へ

2020年11月20日 05時00分 (11月20日 11時47分更新) 会員限定
落ち葉を拾う林田さん(左)=各務原市の内藤記念くすり博物館で

落ち葉を拾う林田さん(左)=各務原市の内藤記念くすり博物館で

  • 落ち葉を拾う林田さん(左)=各務原市の内藤記念くすり博物館で

 若年性アルツハイマーと診断されながら就業を目指す瑞穂市の林田光市さん(63)が、各務原市川島竹早町の内藤記念くすり博物館の薬草園管理の仕事を始めた。林田さんは「まだまだ高齢ではない。できる仕事をやりたい」と意気込んでいる。 (大山弘)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧