<軌跡と未来図 勝山市長選>(中)人口減少と高齢化 太鼓打つ相棒いない

2020年11月20日 05時00分 (11月20日 10時44分更新) 会員限定
今年2月の勝山左義長。少子化による人口減少の波は伝統行事にも影響を及ぼそうとしている=勝山市の本町通りで

今年2月の勝山左義長。少子化による人口減少の波は伝統行事にも影響を及ぼそうとしている=勝山市の本町通りで

  • 今年2月の勝山左義長。少子化による人口減少の波は伝統行事にも影響を及ぼそうとしている=勝山市の本町通りで

 県内他市町と比べて深刻に高齢化が進む勝山市。県の高齢者福祉基礎調査の調べでは、今年四月一日現在、二万二千七百七十七人が住む中、六十五歳以上の高齢者は八千二百四十七人。高齢化率は36・2%と県内九市の中で最高だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧