LiSA「炎」“鬼滅旋風"で「レコード大賞」射止められるか 他に瑛人「香水」など候補10曲発表

2020年11月20日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
LiSA

LiSA

  • LiSA
  • 瑛人
 「第62回日本レコード大賞」の大賞候補となる優秀作品賞や新人賞など各賞が19日、発表された。優秀作品賞には、LiSA(33)が歌う大ヒット映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌「炎(ほむら)」や瑛人(23)の「香水」など、今年話題となった10曲が出そろった。12月30日にレコード大賞と最優秀新人賞が決定。「鬼滅の刃」が社会現象ともいえるフィーバーを巻き起こしており、レコ大でも“鬼滅旋風"で「炎」が大賞を射止めるのか注目される。
 優秀作品賞にはほかに2年ぶり3度目の大賞を狙う乃木坂46の「世界中の隣人よ」や、2年連続受賞となる純烈の「愛をください~Don‘t you cry~」、レコ大常連の氷川きよし(43)の「母」などが選ばれた。
 LiSAの「炎」は10月14日にリリースされると、週間オリコンシングルランキングで初登場1位を獲得。同16日に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開され大ヒットすると、さらに注目度がアップした。LiSAのユーチューブチャンネルでは「炎」の動画再生回数が6000万回を超えている。LiSAは大みそかのNHK紅白歌合戦への2年連続出場を決めており、12月30日のレコ大、31日の紅白と2日連続で「炎」を歌唱することも予想される。鬼滅に沸いた1年を「炎」が締めくくる年末になりそうだ。
 瑛人の「香水」は昨年4月に配信されたが、今年になって人気に火がついた。ユーチューブで同曲を歌い披露するタレントが続出。11月5日に発表された「新語・流行語大賞」の候補30語に「香水」が入るなど老若男女問わず広く浸透している。
 12月30日は、大賞候補のライブなどをTBS系「第62回輝く!日本レコード大賞」で午後5時半から生放送する。コロナ禍で三密を避けるため、アルバム賞など一部の賞を取りやめ、代わりにスペシャル企画が検討されている。
      ◇  ◇  ◇
 今年、若い女性を中心に大人気となった女性グループ「NiziU」が特別賞に選ばれた。
 日韓の共同企画で誕生し、メンバーは1万人以上の応募があったオーディションを勝ち抜いた日本人9人で構成。「Make you happy」で披露する通称“縄跳びダンス"が大流行した。紅白歌合戦初出場も決まり、来年以降のさらなる飛躍も期待される。
 新人賞には真田ナオキ(30)、ロックバンド「Novelbright」、女性アイドルグループ「豆柴の大群」、Rin音が選出された。真田は酒とトウガラシでのどをつぶして手に入れたという「極上のダミ声」が武器。師匠・吉幾三が作詞・作曲したノリの良い「恵比寿」を歌い上げる。豆柴の大群はTBS系バラエティーの企画から生まれたグループ。「安田大サーカス」のクロちゃんがプロデュースするなど話題を振りまいた。
 また、最優秀歌唱賞には福田こうへい(44)が選ばれた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ