湖西市でボランティアら 花苗植え替え

2020年11月20日 05時00分 (11月20日 05時01分更新) 会員限定
花の苗を植え替える参加者ら=湖西市新所の市育苗センターで

花の苗を植え替える参加者ら=湖西市新所の市育苗センターで

  • 花の苗を植え替える参加者ら=湖西市新所の市育苗センターで
 湖西市内で花の手入れや管理をするボランティア団体や、花を飾る公共施設に勤務する職員ら五十人が、市育苗センター(新所)で、花苗の植え替え作業を行った。
 湖西市が進める「こさい花いっぱい運動」の一環。新型コロナウイルスの感染拡大防止でマスクを着用し、間隔を二メートルほど空けるように努めた。
 植え替えたのは、十月に種を植えたナデシコ、ビオラ、パンジー計六万四千本。苗を丁寧にピンセットでつまんで、ポットに移し替えた。
 苗はセンターで育て、十二月に学校や幼稚園、道路沿いの花壇などに植えるために配布する。センターを委託管理する「さざなみ会ハートピア・ワーク湖西」の職員は「パンジーは少し小さいが、ほかは順調に育っている。花が咲くのが楽しみ」と話していた。 (桜井祐二)

関連キーワード

PR情報