本文へ移動

千代の国が勝ち越しも…6連勝スタートからの失速に「自分の相撲を取らせてもらえなかった 悔しかった」

2020年11月19日 21時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
千代の国(奥)がはたき込みで妙義龍を破る

千代の国(奥)がはたき込みで妙義龍を破る

◇19日 大相撲11月場所12日目(東京・両国国技館)
 再入幕の千代の国(30)=九重=がはたき込みで妙義龍を破り、勝ち越しを決めた。幕内での勝ち越しは左膝をけがした昨年初場所以来。ただ、6連勝スタートから失速した後の勝ち越しだったからか「素直にうれしいです」とは話したものの、「あまりほめられた内容じゃないので。なかなか自分の相撲を取らせてもらえなかったんで、悔しかったですね」と表情は変えなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ