高級煎茶で茶会 静岡・内野さん宅

2020年11月19日 10時57分 (11月19日 12時04分更新)
内野清己さん(右)の茶会を楽しむ来場者たち=静岡市葵区栃沢で

内野清己さん(右)の茶会を楽しむ来場者たち=静岡市葵区栃沢で

  • 内野清己さん(右)の茶会を楽しむ来場者たち=静岡市葵区栃沢で
 静岡市葵区栃沢の茶農家内野清己さん(61)が、自宅で全国茶品評会の出品茶を振る舞う茶会を開いている。二十一日まで。
 高級煎茶を来場者自ら急須で入れて味わってもらおうと開催。最初は湯冷ましして入れ、うま味を楽しむ。茶葉を食べる体験もできる。
 栃沢には静岡茶の祖とされる鎌倉時代の高僧聖一(しょういち)国師の生家がある。十七日の茶会で、内野さんは地元の中学生が毎年、修学旅行で国師ゆかりの京都・東福寺を訪ね、茶の植樹を続けていることなどを紹介していた。
 茶会は感染症対策を講じ、午前十時〜午後二時の間、一時間単位で数人ずつ催す。事前予約制。(問)内野さん=054(291)2219(松本利幸)

関連キーワード

PR情報

茶況・茶ばなしの新着

記事一覧