伊勢型紙の御朱印、彫師が手染め実演 22・23日、亀山の長徳寺

2020年11月19日 05時00分 (11月19日 11時23分更新) 会員限定
型紙を持つ那須さん(右)と、型紙で染めた七宝模様の図柄を持つ能美さん=亀山市関町新所の長徳寺で

型紙を持つ那須さん(右)と、型紙で染めた七宝模様の図柄を持つ能美さん=亀山市関町新所の長徳寺で

  • 型紙を持つ那須さん(右)と、型紙で染めた七宝模様の図柄を持つ能美さん=亀山市関町新所の長徳寺で
  • 4枚の型紙を使って染めた阿弥陀如来の図柄。塗料の違いで雰囲気も異なる

 鈴鹿市の伝統工芸「伊勢型紙」の彫師那須恵子さん(38)=同市岸岡町=が二十二、二十三の両日、亀山市関町新所の長徳寺で、型紙を使って御朱印を刷るイベントを開く。型紙需要が減る中、「手染めの味わいを楽しんで」と来場を呼び掛ける。 (松本貴明)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報