交通死亡事故、県内最多14人の豊田署 白バイ隊設置、撲滅へ走る

2020年11月19日 05時00分 (11月19日 12時12分更新) 会員限定
取り締まりに向かう隊員=豊田署で

取り締まりに向かう隊員=豊田署で

  • 取り締まりに向かう隊員=豊田署で
  • 取り締まりへの意気込みを語る岩出巡査長=豊田署で
 交通死亡事故が多発している豊田市内での取り締まりを強化しようと、県警は十日、第二交通機動隊(岡崎市矢作町)の分駐所として、豊田署に西三河中隊豊田小隊を試行的に設置した。来春までの予定で、隊員六人が配属された。機動力ある取り締まりで死亡事故の撲滅を図る。(四方さつき)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報