本文へ移動

「自分を強くしてくれた」柔道女子五輪代表・渡名喜風南、10月引退のライバル近藤亜美に感謝

2020年11月18日 18時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡名喜風南

渡名喜風南

 東京五輪の柔道女子48キロ級代表の渡名喜風南(となき・ふうな、25)=パーク24=が18日、オンラインで会見し、10月に現役引退を発表したリオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美さんへの感謝を口にした。
 渡名喜と近藤は同学年。長年同じ階級で競い合ってきた。
 渡名喜は「高校のときから対戦していて、常に私が追い続ける立場。近藤選手の存在があって、自分がここまでこれた。自分を強くしてくれた」と言う。
 ライバルが果たせなかった金メダル獲得へ、着々と練習を重ねる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ