(42)生配信継続 ファンクラブも

2020年11月18日 05時00分 (11月18日 12時14分更新) 会員限定
ライブ配信などの活動についてTBSの取材を受け全国放送で紹介された

ライブ配信などの活動についてTBSの取材を受け全国放送で紹介された

  • ライブ配信などの活動についてTBSの取材を受け全国放送で紹介された
 インターネットでのライブ配信に挑戦したものの、初回の視聴者はゼロ。大失敗だったが、転んでもただでは起きない私は、作戦を練り直した。ライブ配信はリアルタイムに視聴してもらう必要があるので、どの時間帯が見やすいか、周りに尋ねた。すると、多くが「夜」と答え、放送日や時間も固定が良いのではないかとアドバイスをくれた。配信のサービスもいろいろ試し、自分に一番合っているものにしようと考えた。その結果、SNSで人を集めやすく、視聴者もコメントを書き込める「ツイキャス」というサービスを使うことにした。
 ライブ配信は毎日夜十時から三十分行っている。かなり大変だが、継続することで十〜十五人の固定の視聴者ができた。視聴者と配信者という立ち位置では面白みがないので、ファンクラブも作ることにした。これは独自の戦略だ。ファンクラブ名は視聴者と相談して、「寝る寝〜ず団」と名付けた。視聴者を団員と呼ぶことで、チーム感が生まれるし、障害や難病というネガティブな印象を取り払うには遊び心も必要だ。クッションやマグカップなどのオリジナルグッズの販売も始めた。
 そのおかげでお金を寄付する「投げ銭」をくれる視聴者も出てきた。最...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報