本文へ移動

空き家と蔵で木祖の芸術祭 木曽ペインティングスと村、22日まで代替イベント

2020年11月18日 05時00分 (11月18日 12時52分更新)
空き家となった古民家に、日記や木曽町開田高原で採れた草木を飾った坂口さん=木祖村藪原で

空き家となった古民家に、日記や木曽町開田高原で採れた草木を飾った坂口さん=木祖村藪原で

 木祖村内の空き家七軒と一つの蔵に作品を展示する芸術祭「村のオハナシ」が、二十二日まで開かれている。木曽在住の芸術家を中心に十四人が参加し、地元の郷土史家沢頭修自さん(87)の著書から着想を得た絵画などが並ぶ。 (戸田稔理)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧