本文へ移動

越美北線 還暦祝おう 節目前の22日  講演やライブ 

2020年11月18日 05時00分 (11月18日 09時36分更新)
越美北線の開業60周年を祝うイベントに向け準備を進める伊藤さん(右)ら有志=福井市のJR越前東郷駅で

越美北線の開業60周年を祝うイベントに向け準備を進める伊藤さん(右)ら有志=福井市のJR越前東郷駅で

 福井・東郷の有志 駅で準備

 JR越美北線が十二月十五日に開業六十周年を迎える。福井市東郷二ケ町のJR越前東郷駅周辺で二十二日、越美北線の節目を祝うイベントが繰り広げられる。東郷地区出身の鉄道ライターの講演やステージイベントなどで盛り上げようと、有志が準備を進めている。
 越美北線沿線の主要駅での記念イベントが予定されていたが、新型コロナの影響で中止になった。今月から大野市などで写真展が開かれているが「人間で言えば還暦を迎える節目を駅で祝いたい」と、地区在住の伊藤真紀さん(47)が発案した。
 当日は午前十時〜正午に駅近くのアンテナショップ「こびり庵(あん)」で、鉄道ライターとして活躍する蜂谷あす美さんのトークイベントがある。越美北線の魅力や越前東郷駅への思いなどを語る。
 午後一時からラッパーでDJのTSUJIさん=鯖江市=が歌や音楽を披露し、同一時半からは、墨絵アーティストの上田みゆきさん=越前市=が即興で越前和紙に絵を描き上げる。
 十七日は越前東郷駅に有志ら七人が集まり、当日の流れを確認した。伊藤さんは「当日は駅前がにぎやかになればうれしい。六十周年を一緒にお祝いしましょう」と呼び掛けている。蜂谷さんのトークは事前予約が必要。
 (問)事務局佐々木さん=090(1635)1790 (山口育江)

関連キーワード

PR情報

福井発の新着

記事一覧