迫り来るコロナ氷河期 大卒内定率70%割れ

2020年11月18日 05時00分 (11月18日 05時01分更新) 会員限定
フェースシールドなどの感染防止対策を施して行われた就活イベント=7月、名古屋・名駅のJPタワー名古屋で

フェースシールドなどの感染防止対策を施して行われた就活イベント=7月、名古屋・名駅のJPタワー名古屋で

  • フェースシールドなどの感染防止対策を施して行われた就活イベント=7月、名古屋・名駅のJPタワー名古屋で
 新型コロナウイルスの感染拡大は学生の就職活動を直撃し、これまで完全な売り手市場だった状況を激変させた。厚生労働省が十七日に発表した来春卒業予定の大学生の就職内定率は十月一日時点で七割を切った。顕著な影響は旅行業や航空業、飲食業など一部にとどまるとの見方はあるが、コロナの収束は見通せない。政府は「就職氷河期」の再来回避に懸命だ。

▼焦り

 千葉県に住む外国語大学四年の女子学生(21)は昨年一月から就活を始めて約三十社を受けたが、まだ決まらない。大学で学んだ英語を生かせる海運業を目指したものの、五月ごろ採用を一時中止する連絡が相次いだ。例年と違う就活に戸惑った上、外出自粛中は友人との連絡も途絶えがち。再開への期待もあって他業界への準備は出遅れた。
 美容関連の仕事に志望を変えたのは九月から。十一月も就活情報会社「マイナビ」主催の合同会社説明会に参加し「友人はもう決まっている。もっと早く動けば良かった」と落ち込む。来年の就活環境がより厳しくなることを心配し「今年中に決めたい」と焦る。
 マイナビによると、二〇二一年卒業予定の大学生らの採用活動をした企業のうち20%超が内定を出す基準を前年より厳しく...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報