本文へ移動

『マグロ丼ダイエット』水谷隼 半月で3キロの減量成功!コロナ禍で”卓球愛”実感「もっと向き合おう」

2020年11月17日 18時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
腰にコルセットを巻いてプレーする水谷

腰にコルセットを巻いてプレーする水谷

 卓球のTリーグが17日開幕した。東京都内でのリモートマッチ(無観客)で行われた男子開幕戦では、東京の東京五輪代表・水谷隼(31)が琉球の平野友樹(28)に3―0で快勝。新型コロナウイルスの感染拡大による8カ月ぶりの公式戦で、3季連続優勝を目指すチームを開幕白星に導いた。
 ブランク明けでも試合巧者ぶりは健在だった。3ゲームとも途中リードを許したが、変幻自在のサーブを軸に立て直した。「久しぶりの試合でわくわくも緊張もした。いい結果に満足している」。貫禄のストレート勝ちに笑みが浮かんだ。
 コロナの禍中では1カ月以上練習できず、卓球への愛情をあらためて感じた。「好きなことを仕事としてやれているのが幸せ。もっと卓球と向き合おう」。不振に終わった昨年から、出直しを誓っていた。
 リオデジャネイロ五輪男子シングルスの銅メダリストは11月に入ると、連日マグロ丼を食べ続ける独自のダイエットを敢行。体重を3キロ落として開幕に備えた。「五輪のことはあまり考えていない。今はTリーグに集中する」。目の前の試合に全力を尽くし、集大成の五輪へとつなげていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ