本文へ移動

リニア環境対策推進、JR東海社長に要望 知事と7市町長

2020年11月17日 05時00分 (11月17日 12時40分更新)
 古田肇知事ら、リニア中央新幹線建設促進県期成同盟会の県内七市町の首長が十六日、名古屋市中村区のJR東海本社を訪ね、金子慎社長に環境対策の推進などを要望した。
 トンネル工事で出る残土を巡っては、重金属を含む「要対策土」について御嵩町が恒久処分場の設置を打診されたが、受け入れは決まっていない。金子社長との面会後に取材に応じた古田知事は、各首長から要対策土の処理に対する要望が多く上がったと明かした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報