本文へ移動

ジャニーズ事務所が近藤真彦を無期限芸能活動自粛処分 25歳年下の女性社長との不倫報道認める

2020年11月16日 00時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所は16日深夜、12日発売の「週刊文春」でオーダースーツの会社を経営する25歳年下の女性社長(31)との5年越し不倫疑惑を報じられた歌手の近藤真彦(56)を、無期限で芸能活動自粛処分にすると公式サイトで発表した。
 同誌によると、1994年に一般女性と結婚し男児ももうけている近藤が、2015年3月に知人との食事の席で一緒になった女性に一目ぼれし、同6月に告白。当時、女性には交際していた男性がいたという。レーシングチームの監督を務める近藤が女性をサーキットに呼ぶこともあり、2人は徐々に人目をはばからず会うようになったとしている。
 また、10月末に沖縄で、近藤が女性を含めた数人でゴルフを楽しむ様子などを記している。
 ジャニーズ事務所は、報道内容に関して近藤に事実確認を行ったところ、女性社長との交際は事実であると認めたという。「家庭を持つ一社会人による振る舞いとして大変軽率であり、自覚と責任に欠ける行動であったと弊社といたしましては重く受け止めております。そのため、近藤に対して厳正な処分が必要である」と判断した。
 同社が対応を協議する中、15日に近藤自身から「一連の出来事に対する責任を取り、芸能活動を自粛したい」と申し出があったといい、「弊社としましても、最年長である近藤の処分として当然の結論だと受け入れました。これらを踏まえて、弊社といたしましては、近藤真彦を無期限芸能活動自粛処分といたしました」としている。
 今年は歌手デビュー40周年の節目。自身の体調不良や新型コロナウイルス感染拡大により、昨年から予定されていたディナーショーは中止となってしまったが、12月11、12日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで40周年記念コンサートの開催が予定されている。近藤の活動休止により、同公演の中止は避けられそうもない。
【関連記事】近藤真彦がコメント「家族とは、話し合い、謝罪し、理解してもらいました…」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ