本文へ移動

メイウェザーが2・28東京ドームでの格闘技イベント「MEGA2021」に出場 対戦相手は日本人想定…あの最強王者の名前も

2020年11月16日 14時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年の大みそかに横浜で那須川天心(左)と対戦、KO勝ちしたフロイド・メイウェザー

2018年の大みそかに横浜で那須川天心(左)と対戦、KO勝ちしたフロイド・メイウェザー

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(43)=米国=が16日、リモートで横浜市内で会見し、来年2月28日に東京ドームで行う格闘技イベントに出場すると発表した。「MEGA2021」と題した大会で、対戦相手は未定。その他のカードも調整中だが、さまざまな団体のチャンピオンクラスに出場を打診する計画だ。
 「現時点でどんな相手とやるのかまったくわからない。ただ、また東京に行くことは非常に楽しみにしている。世界がコロナで忙しくしているので日本の選手についてはよく知らない。でも、東京が好きなんだ」と、メイウェザー。大会主催者は、メイウェザーが主戦場にしたウエルター級(66・6キロ)より13キロ以上も体重が軽い階級のWBA・IBF統一バンタム級(53・5キロ)王者の井上尚弥(大橋)の名前を出し対戦を希望するかと質問したが「誰だかわからない。私のチームが対戦を決めれば準備して臨む」とだけ返答した。
 メイウェザーはスーパーフェザー級からスーパーウエルター級まで5階級を制し、50戦全勝(27KO)の戦績を誇るスーパースター。2018年12月にはさいたまスーパーアリーナでキックボクシングの那須川天心とボクシングルールのエキシビションで対戦し初回KO勝ちしたことでも話題をまいた。
 「前回日本に来たときはそこまで練習をしておらず体もだらしなかったが、今回はしっかり練習してファンを楽しませる試合をする」と、メイウェザー。大会の徳弘浩平CEOは対戦相手は日本人を想定。ルールは相手が決まってから詰めていく予定だという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ