<みかわの名建築>(6) 豊橋市公会堂(豊橋市八町通)

2020年11月16日 05時00分 (11月16日 11時18分更新) 会員限定
ロマネスク様式で建設された豊橋市公会堂=豊橋市八町通で

ロマネスク様式で建設された豊橋市公会堂=豊橋市八町通で

  • ロマネスク様式で建設された豊橋市公会堂=豊橋市八町通で
  • 塔の天辺付近に幾何学模様が描かれた豊橋市公会堂=豊橋市八町通で

 来場者を建物の中へと導く正面の大階段が目を引く。一九三一(昭和六)年に建てられた豊橋市公会堂(同市八町通)。階段の先には五連アーチが出迎える出入り口。それをはさんだ左右の塔の天辺には幾何学模様が描かれたドーム形の屋根がある。完成から約九十年。そのたたずまいは、異国情緒を感じさせる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧