【長野】新たに13人感染 長野市クラスター、店利用者に拡大

2020年11月16日 05時00分 (11月16日 05時00分更新) 会員限定
 県内では十五日、長野市や千曲市などで新型コロナウイルスへの感染者が十三人確認された。十三日にクラスター(感染者集団)の発生が判明した長野市の飲食店の利用者らに感染が広がっており、市は濃厚接触者らの検査を続けている。
 県や長野市によると、十五日に感染が確認された店の利用者二人は、ともに市内在住の三十代と四十代の男性。既に感染が明らかになっている店の関係者と濃厚接触しており、十日以降にそれぞれ発熱などの症状が現れた。二人とも十四日の検査で陽性と判明した。
 十五日は、店の関係者と同居している長野市の三十代男性のほか、店外で濃厚接触した千曲市の三十代女性の感染も確認された。
 クラスター関連以外で感染が確認されたのは長野市と飯山市、小布施町の十代〜七十代の男女九人。感染者数は十五日時点で四百六十一人(死者六人、入院者百十五人)になった。 (我那覇圭)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧