本文へ移動

照ノ富士は今場所初黒星 大栄翔に上体起こされ防戦一方に…伊勢ケ浜審判部長「下がったらダメ」

2020年11月15日 21時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大栄翔(左)が押し出しで照ノ富士を破る

大栄翔(左)が押し出しで照ノ富士を破る

◇15日 大相撲11月場所8日目(東京・両国国技館)
 初日から7連勝だった照ノ富士は、大栄翔に一方的に押し出され初黒星。左上手からの攻めが不発で上体を起こされ、防戦一方のまま土俵を割った。取組後は今場所初めて取材に応じなかった。
 土俵下で一番を見守った師匠の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は「足が前に動いていない。下がったらダメ。残すのに、前に出るのと比べて倍の力がいるから」と反省点を挙げ、前に圧力をかける攻めの姿勢を促した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ