本文へ移動

志摩ノ海“自己新”7勝ターン「幕尻なんだから、思い切ってやってこい」師匠の言葉が支え

2020年11月15日 20時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
千代丸(左)を攻める志摩ノ海

千代丸(左)を攻める志摩ノ海

◇15日 大相撲11月場所8日目(東京・両国国技館)
 幕尻の志摩ノ海が土俵を激しく動き回って千代丸を攻め、最後はもろ差しで動きを止めて寄り切り。中日では自己最多の7勝目を挙げた。
 勝ちっ放しの貴景勝を追う立場だが、師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)からの「幕尻なんだから、思い切ってやってこい」というアドバイスを胸に「自分の相撲を取り切るだけ」ときっぱり。まずは今年春場所以来の勝ち越しで、幕内残留を決めたい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ