本文へ移動

金崎&山崎いなくても…グランパスには阿部がいる 司令塔のアイデア「FC東京が嫌がる状況を!」

2020年11月15日 06時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・阿部

名古屋・阿部

 名古屋グランパスは15日、ホームでFC東京戦に臨む。試合中の負傷で本来の1トップを欠く中、MF阿部浩之(31)は残る選手とアイデアをフル活用することで、2試合連続無得点の攻撃陣を立て直す。チームは14日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。
  グランパスに得点機なし、などとは言わせない。前線のターゲット役を担ってきた金崎、山崎の両FWを故障で一挙に欠き、攻撃の組み立ては変更必至。司令塔・阿部は「メンバー次第で組み立てを変えるのが本当に大事」と、すぐさま再構築へ頭を動かした。
 苦しい台所事情だからこそ、残る選手の特長を最大限生かした攻撃で活路を見いだしたい。前田、マテウスらの足元の技術や機動力を生かすため、阿部はチームとしてのもう一工夫を求める。
 「人を生かすこと、スペースをつくることが一番足りないので、もっともっとできればいい。2人のドリブルなど、相手が嫌だと思う状況をつくり出さないと」
 正規の1トップ不在で見えた課題は、真正面から受け止めた。特に11日の広島戦(Eスタ)は5バックで左右を封じた守備陣に対し、数人掛かりで攻める「連動性」を欠いたと反省。「課題としてしっかり見えたから、修正するチャンス」。
 14日にG大阪、C大阪がともに敗れ、2位との勝ち点差は6のまま。堅守を持ち味とするFC東京には2015年8月以降にカップ戦を含めて9戦未勝利と苦戦しているが、天皇杯出場圏を目指す上では落とせない。中3日の調整で天敵に挑む難条件だが、阿部は「(攻撃の)擦り合わせには十分足りる」。強気な姿勢を貫いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ