本文へ移動

椿大神社「奥宮」で大祭 神聖な登山、記者も挑戦

2020年11月14日 05時00分 (11月14日 12時18分更新)
掛け声を上げる神職を先頭に険しい山道を登る参加者たち=鈴鹿市内で

掛け声を上げる神職を先頭に険しい山道を登る参加者たち=鈴鹿市内で

  • 掛け声を上げる神職を先頭に険しい山道を登る参加者たち=鈴鹿市内で
  • 茂みの中で威厳を放つ奥宮の社=鈴鹿市内で
  • 絶景が広がる入道ケ岳山頂の鳥居=鈴鹿市内で
 鈴鹿山系の麓に鎮座する椿大神社(鈴鹿市山本町)は、天然の社の一つとする入道ケ岳(九〇六メートル)の山頂の奥宮で年二回の大祭を営んでいる。祭主の神職とともに参拝希望者が現地まで出向く市民参加型という。神聖な登山で心身ともに鍛えられれば。記者も十二日の秋季大祭に初挑戦した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧