福祉、農業、飲食業が連携し麦ストロー作り 豊田

2020年11月14日 05時00分 (11月14日 12時03分更新) 会員限定
太田市長(左)とともに麦の種をまく参加者=豊田市堤本町で

太田市長(左)とともに麦の種をまく参加者=豊田市堤本町で

  • 太田市長(左)とともに麦の種をまく参加者=豊田市堤本町で
 障害者や要支援の高齢者たちが農業指導を受けながら麦を栽培、麦わらでストローを作り、飲食店で使う−。そんなプロジェクトが豊田市で始まった。福祉と農業、飲食業のコラボ。障害者、高齢者たちに社会に役立っているという達成感も味わってもらう構想だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧