波瑠 着衣脱ぐシーン熱演「人間くささが出ればと思って。恥ずかしさなかった」ラブホテルが舞台「ホテルローヤル」

2020年11月13日 20時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「ホテルローヤル」の初日舞台あいさつに登壇した波瑠

映画「ホテルローヤル」の初日舞台あいさつに登壇した波瑠

  • 映画「ホテルローヤル」の初日舞台あいさつに登壇した波瑠
 映画「ホテルローヤル」(武正晴監督)の公開初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、主演の波瑠(29)、松山ケンイチ(35)、安田顕(46)らが出席した。
 桜木紫乃さんの直木賞受賞作が原作。桜木さんの実家だった北海道釧路市のラブホテルを舞台にした物語で、ホテルに集う人々の切ない人間模様が描かれている。イベントは新型コロナウイルスに対応し、無観客で実施。全国23館の劇場に生中継された。
 クライマックスで松山と緊張感のあるシーンを繰り広げた波瑠。「覚悟があって、私も着衣を脱いだりするんですけど、自分がお風呂入る時に脱ぐクセは自分しか知らないので恥ずかしいとは思いましたけど、人間くささが出ればと思って。撮影では恥ずかしさはなかった」と振り返った。 
 松山は見どころを「3回目までは素直に見てもらって、4回目は誰が一番うまくなまっているかを見てほしい。波瑠ちゃんは変わっていくんでカワイイんです」と“リピート鑑賞"を勧めた。 

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ