原発再稼働求める請願採択 高浜町議会

2020年11月13日 05時00分 (11月13日 05時00分更新) 会員限定
高浜原発1、2号機の再稼働同意を求める請願を採択した高浜町議会=高浜町役場で

高浜原発1、2号機の再稼働同意を求める請願を採択した高浜町議会=高浜町役場で

  • 高浜原発1、2号機の再稼働同意を求める請願を採択した高浜町議会=高浜町役場で
 原則四十年の運転期間を超えた関西電力高浜原発1、2号機の再稼働を巡り、立地する高浜町議会は十二日、臨時本会議で、再稼働を求める請願と陳情計三件をいずれも賛成多数で採択した。これを受け、町議会は二十五日の議会全員協議会で同意可否について意見集約し、議会の意向を野瀬豊町長に報告する。
 再稼働を求める請願は、県内の市民団体などが提出した。賛成議員は「町の経済振興や雇用確保のために再稼働は必要」などと主張した。一方で再稼働反対や同意判断に熟議を求める請願四件は不採択とした。
 再稼働には町と県の各議会と首長の同意を取り付けるのが通例。町議会が同意した場合、次は野瀬町長の判断となる。
 臨時会では、原発の安全管理の徹底や廃炉後も見据えた地域振興策の充実など七項目を国に要望する意見書案を可決。上尾徳郎議長らが来週中にも、経済産業省など関係機関に届ける。
 原発の運転期間は福島第一原発事故後、原子炉等規制法で「原則四十年間」と定められたが、原子力規制委員会が認めれば、最長二十年間延長できる。高浜1、2号機は二〇一六年に認可を受け、1号機は安全対策工事が完了した。関電は来年三月に再稼働させる計画を立ててい...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧