本文へ移動

ジェネ白濱亜嵐が高校時代『パンチパーマ』で怒られた過去激白 この日22歳誕生日の平祐奈を部屋飾りで祝福

2020年11月12日 20時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
生配信イベントに臨む(左から)白洲迅、平祐奈、白濱亜嵐、優希美青

生配信イベントに臨む(左から)白洲迅、平祐奈、白濱亜嵐、優希美青

 「GENERATIONS」の白濱亜嵐(27)、女優の平祐奈(22)らが12日、ダブル主演する映画「10万分の1」(三木康一郎監督、11月27日公開)の生配信イベントをTikTokで行った。共演の白洲迅(28)、優希美青(21)も駆けつけ、この日、22歳の誕生日を迎えた平を祝った。
 平はカラフルな飾り付けをされた部屋で、「3人にお祝いしてもらってうれしかったです。ありがとうございます。部屋もこんなかわいくしてもらって。10万人見てくれているかな~」と笑顔で話した。
 同映画は人気コミックの実写化。初めて恋した高校生2人が、難病に立ち向かう純愛ラブストーリーとなっている。白濱は高校時代の思い出について、「役でパンチパーマにしてそのまま学校に行って笑われた。あとは、文化祭のお笑いコンテストで優勝した」と笑いながら青春をかみしめていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ