本文へ移動

「びっくりドンキー」が原動力!金谷拓実が1148キロカロリーメニューで史上初のアマ・プロ連覇へ好発進

2020年11月12日 18時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
紅葉の17番でティーショットを打つ金谷

紅葉の17番でティーショットを打つ金谷

◇12日 国内男子ゴルフ 三井住友VISA太平洋マスターズ第1日(静岡県御殿場市、太平洋C御殿場C)
 アマチュアだった昨年に続くツアー史上初のアマ・プロ連覇がかかる金谷拓実(22)=東北福祉大4年=は69の1アンダーで、首位とは3打差の8位発進となった。
 ◇  ◇
 好スタートを切った金谷の原動力はファミレスチェーンの「びっくりドンキー」にあった。「優勝した昨年の大会中によく行っていたので、同じ店に昨夜行きました」。注文したのは、お気に入りのチーズバーグディッシュ(300グラム)。ライスは大盛りをやめて普通盛りにしたものの、1148キロカロリーと栄養満点。それでも1361円(税込み)とお値打ち価格だ。米国遠征から帰国後の2週間の隔離生活後は初の試合となったが、胃袋が満たされ昨年の感覚を取り戻せた。
 アマだった9月のフジサンケイ・クラシックは36位、10月の日本オープンは48位から発進と初日は鬼門だった。ただ、そこから巻き返し、最終的にはそれぞれ5位、7位で終えた。日を追うごとに調子を上げるのが金谷スタイル。同じ店に毎日行けば、さらに御利益があるのでは?「ぼくはそれでもいいけれど…。仲間と一緒に行動しているので、やっぱりそれはできないかな」。少しばかり残念そうな顔だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ