本文へ移動

中日・山井が現役続行正式に決定 減額制限を超えるダウン提示を受け入れ20年目のシーズン勝負を懸ける

2020年11月12日 18時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
守備練習する山井

守備練習する山井

 現役最年長投手の中日・山井大介投手(42)が来季も中日でプレーすることが12日、正式に決まった。減額制限を超えるダウン提示を受け入れて現役続行を決断。竜一筋20年目のシーズンに勝負を懸ける。
 黄金時代を知る選手は次々に引退し、6歳下の吉見もユニホームを脱いだ。それでも山井が選んだのは別の道だった。この日、球団に減俸を受け入れることを連絡。43歳となる来季も中日で現役を続けることになった。
 今季は中継ぎで6試合に登板し、防御率9・00。戦力外も覚悟したが、球団は現役続行の道を残してくれた。「少しでもチームの力になれるのであれば、体にむち打って全力でやりたい」。批判も受け止めた上で、続けると決めた。
 チームは8年ぶりにAクラスとなった。「このメンバーなら優勝が狙える位置にいる」。躍進を支えた投手陣を頼もしく感じている。だからなおさら、こう思う。「その輪の中にいたい」。不退転の決意で20年目の競争に挑む。
【読まれてます】◆ファンにも仲間にも愛された”ヒゲの助っ人”アルモンテが中日に別れ…
◆中日、退団アルモンテらの代わり探す!キューバ政府相手に…
◆オレを忘れるな!笠原、キレキレ直球

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ