食パンをじか火で焼く萬古焼プレート開発 四日市のスタジオノアなど

2020年11月12日 05時00分 (11月12日 11時47分更新) 会員限定
萬古焼の「半生パン焼き陶板」=四日市市内で

萬古焼の「半生パン焼き陶板」=四日市市内で

  • 萬古焼の「半生パン焼き陶板」=四日市市内で

 食パンをじか火で焼く「半生パン焼き陶板」を、四日市市の萬古焼製造会社「スタジオノア」と名古屋市のヘルスケアメーカー「アメイズプラス」が共同開発した。耐熱陶板の遠赤外線効果や蓄熱性で、おいしく焼き上がるという。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧