岐阜でトランジットモール始まる 中心街道路に憩い空間

2020年11月12日 05時00分 (11月12日 11時25分更新) 会員限定
岐阜市中心部の金華橋通りに設けられたトランジットモール。片側4車線のうち3車線を歩行者エリアにして開放している=同市金町で

岐阜市中心部の金華橋通りに設けられたトランジットモール。片側4車線のうち3車線を歩行者エリアにして開放している=同市金町で

  • 岐阜市中心部の金華橋通りに設けられたトランジットモール。片側4車線のうち3車線を歩行者エリアにして開放している=同市金町で

 新たな道路空間の活用を考える取り組み「トランジットモール2020」が11日、岐阜市中心部の金華橋通りで始まった。2016年度から実施され、例年は休日のみだったが、本年度は平日も含めて15日までの5日間に拡大。片側4車線の道路を1車線にする規制をして市民の憩いの場をつくり出すほか、周辺道路への交通の影響などを検証する。 (大沢悠)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧