「鬼滅」の岩が岐阜・御嵩にも 鬼岩公園、看板やルート整備 

2020年11月12日 05時00分 (11月12日 05時02分更新) 会員限定
模造刀を構え、シーンの再現をする町職員=11日午前、岐阜県御嵩町で

模造刀を構え、シーンの再現をする町職員=11日午前、岐阜県御嵩町で

  • 模造刀を構え、シーンの再現をする町職員=11日午前、岐阜県御嵩町で
 大ヒット上映中の人気アニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の原作漫画での名シーンを連想させる形の岩が、岐阜県御嵩町と瑞浪市にまたがる鬼岩(おにいわ)公園にある。これに目を付けた町は案内看板を設置し、岩に近づけるルートを整備。コロナ禍で周辺の宿泊施設が打撃を受ける中、観光客増に期待している。 (織田龍穂、真子弘之助)
 公園の入り口から、登山道を歩くこと約二十分。山頂付近に大きな亀裂が入り、丸みを帯びた岩がある。大きさは違うが、「鬼滅」主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)が原作漫画の序盤、厳しい鍛錬の末に刀で真っ二つにした岩に似ている。
 「鬼岩だけに鬼滅の刃とコラボ出来そうな気がします!!」。ドローンでの空撮を手掛ける「アオキ」(御嵩町)社長の青木友誉さん(48)は十月下旬、自身の会員制交流サイト(SNS)に岩の写真を載せた。知人から、奈良市にある同じような岩が人気スポットになっていると聞き、二年前に撮影した園内の映像から見つけたという。
 この投稿を見た町はすぐに反応。岩を「鬼の一刀岩」と名付け、案内看板を設置するなどPRに乗り出した。岩はこれまで、離れた場所からしか見ることができなか...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報