本文へ移動

J1名古屋・米本が反省「正直チャンスらしいチャンスはなかった」単調な攻撃を悔やむ

2020年11月12日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
攻め上がる名古屋・米本

攻め上がる名古屋・米本

◇11日 J1第7節 広島2-0名古屋(Eスタ)
 名古屋グランパスのMF米本拓司(29)は試合後、「正直チャンスらしいチャンスはなかった」と拙攻を反省した。最終ラインでボールを回しながら前線へとつなげない状態に「もっとロングボールを織り交ぜてもよかった」と、単調な攻撃に終始した試合運びを悔やんだ。
 「(ロングボールの)こぼれ球を拾い、前でボールを回すのが大事だった」。ボールを前に展開し、全体に押し上げていく必要性を痛感した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ