本文へ移動

J1名古屋・石田凌太郎が負傷金崎に代わり出場 高2以来の広島ピッチもシュート放てず

2020年11月12日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボールをキープする名古屋・石田

ボールをキープする名古屋・石田

◇11日 J1第7節 広島2-0名古屋(Eスタ)
 名古屋グランパスのMF石田凌太郎(18)が、後半3分に負傷した金崎に代わって出場した。高校2年時の天皇杯でのプロデビュー戦以来、約2年ぶりとなるアウェー広島のピッチ。マテウスを最前線に上げ、石田は右サイドに入った。
 後半24分のFW前田投入後は左サイドへ。果敢に最終ラインの裏へと走り込んだが、シュートは打てず、チームの救世主にはなれなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ