愛宕小児童ら馬術に親しむ 鈴鹿の競技場で体験授業

2020年11月11日 05時00分 (11月11日 12時24分更新) 会員限定
整備された真新しい厩舎で餌やり体験をする児童たち=鈴鹿市石薬師町の県馬術競技場で

整備された真新しい厩舎で餌やり体験をする児童たち=鈴鹿市石薬師町の県馬術競技場で

  • 整備された真新しい厩舎で餌やり体験をする児童たち=鈴鹿市石薬師町の県馬術競技場で
  • 乗馬を体験する児童たち=鈴鹿市石薬師町の県馬術競技場で

 二〇二一年の三重とこわか国体で馬術競技の会場となる鈴鹿市石薬師町の県馬術競技場で十日、同市愛宕小学校の四年生約六十人を招いて体験授業があった。児童らはトップ選手のデモンストレーションを見たり、乗馬に挑戦したりして競技に親しんだ。(片山健生)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報