8年ぶりAクラスでーらめでてぇでかん!SKE48高柳明音が願うはもちろん…「来年こそ!優勝が見たいですね!」

2020年11月11日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋のタオルを広げる高柳明音

高橋のタオルを広げる高柳明音

  • 高橋のタオルを広げる高柳明音
  • ドアラの耳を髪飾りに着けた高柳明音

高柳明音のドラ放談<4>


 竜党を自負する著名人が独自の視点でドラゴンズ愛をつづる「ドラ放談」。今回はSKE48の高柳明音さん(28)です。ドラゴンズが8年ぶりにAクラスを決めた喜び、今季の戦いでうれしかった場面、心が躍った場面、感動の場面をたっぷりとつづりました。
◇   ◇   ◇
 まず!!中日ドラゴンズ!!8年ぶりのAクラス、おめでとう!!!!でーらめでてぇでかん!
 守備の強さ、内野陣の堅さが光り、ナイスプレー!ファインプレー!という言葉がたくさん聞けたシーズンだったと思います。点を取ることはもちろんですが、守り切ることがどれだけ大きいことか。特に大きいと感じたのは、ファーストでどんな送球でも捕れるビシエド選手。あの安定安心感は、何事にも代え難いものかと思います。
 私の好きな大きなジャンピングキャッチもたくさん見ることができました!!!届く、届かないのギリギリの高さに飛んできたボールを、選手がとにかく手を伸ばしてジャンプする瞬間、そして捕った後の『アウト~!』の実況、たまらないです。発声禁止の客席でも、そんな会場が沸いているのが分かる拍手と、思わず声が漏れてしまう好プレーも多かったですよね。
 京田選手が深い守備位置から鮮やかに動き回ってアウトにするプレー、そして高橋選手の堅い守備が記憶にしっかり残る試合が多かったように感じられます。高橋選手は7月、けがで離脱しましたが、キャプテンはすぐに1軍に戻ってきてくれ、しっかり守ってくれた。鉄壁の守備、そして2年連続のクラウン賞優秀賞、すごい!!!
 スポーツはもちろん、私たちのグループにもキャプテンという役職があります。チームが、グループがいい形でやっていくには、キャプテンの存在は大事です。高橋選手、素晴らしかった。高橋選手を見ていて、攻めの力ももちろんだが、守りの大切さというものを実感しました。攻めるならまず守る。守らないと勝てない試合があるのですね。
 今シーズン、心に残ったことはまだまだあります。若手の活躍、うれしかった。プロ初スタメンもたくさんあった2020年。根尾くん、いやーー!20歳!未来しかないです(笑)。感動の場面もありました。Aクラスに王手をかけた4日のDeNA戦。9回を締めた福選手の男泣きはグッときました。それに寄り添った木下選手。いいシーンでした。
 みなさんの頑張りを見ていて、うれしかった。そしてこれを来年につなげてほしい。記事でキャプテンのコメントを見ました。やはり、どんな賞より欲しいのは優勝だと。しびれます。最高です。来年こそ!優勝が見たいですね!根尾選手や京田選手よりさらに若手の選手たちの活躍も期待したいところです!
 というわけで私たちファンも!来年こそ中日ドラゴンズが頂点取れるように、しっかり応援しなぁかんね!!!そして選手はうちらに最高の活躍見せたってちょーよ!!!
(アイドル・女優)
 ▼高柳明音(たかやなぎ・あかね) 1991(平成3)年11月29日生まれ 愛知県出身の28歳。アイドル・女優。2009年にSKE48に所属となり、その後14年までチームK2のキャプテンとして活動。昨年SKE48卒業を発表し、現在は女優業をメインに幅広く活躍。2nd写真集「いつか、思い出したいこと。」が好評発売中。中日ドラゴンズ、シーホース三河など地元チームを応援。趣味は料理、写真撮影、鳥飼育、ラーメン巡り。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ