本文へ移動

同じ時代過ごせて幸せだった。つらいことの方が多かったポジション…球児よゆっくり休んで【岩瀬仁紀さん観戦記】

2020年11月11日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
11年10月2日、試合前に阪神・藤川(右)と談笑する岩瀬

11年10月2日、試合前に阪神・藤川(右)と談笑する岩瀬

 通算1002試合登板、通算407セーブの日本記録を持つ元中日で本紙評論家の岩瀬仁紀さん(46)が、阪神・藤川の引退試合を生観戦。観戦記を寄せ、これまでの労をねぎらうとともに、第2の人生にエールを送った。
   ◇   ◇
 球児、お疲れ。僕は2年前に先に引退したけど、今日の試合を見て改めて、尊敬できる後輩と同じ時代を過ごせて幸せだったと感じたよ。
 年齢は6個違うけど、同期入団で、中継ぎからストッパーに回った経歴も一緒。投球スタイルは全く違うけど、絶対的なボールがあったというところも似てた。バッターが真っすぐが来ると分かってても打てない真っすぐ。同じピッチャーとして理想だし、僕もあんなボールが投げられたならなと憧れたもんだよ。だって、ピッチャーを始める時、誰だって最初に投げるのは真っすぐでしょ。最初に野球と触れ合った球、投球の軸になるボールだけで打者を抑えられるっていうのは、すごいというしかない。
 ただ、お互いに緩急を使うのがヘタだった(笑)。球児はフォークを覚えて効果的に三振を取れるようになったけど、カーブの割合は少なかった。縦軸の球児に対して、僕はスライダーを中心とした横軸だったから、参考にしたり、比較対象にすることもなかったけど、二人とも緩いボールをマスターできていれば、もっと長くプレーできたかな。
 お互いベテランになり、ポジションがストッパーじゃなくなった時、どうしたらチームに必要とされるか、必要としてもらえるかという話をした。球児は去年、リリーフとしてもう一度輝いた。同じプロ野球選手として、並大抵の努力ではないことは分かるし、改めて球児の力を感じさせてもらった。
 抑えて当たり前と思われ、褒められることは少なく、打たれた時には厳しい声が飛ぶポジション。うれしいことより、つらいことの方が多かったと思う。ゆくゆくはユニホームを着て指導者になる器だと思うけど、だいぶ無理してやってきたと思うから、しばらくはゆっくり休んでほしい。お疲れさまでした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ