本文へ移動

EXILE TRIBE来年1月から有観客ドームツアー!エンタメに希望の灯をともす「世界のモデルケースに」

2020年11月11日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三代目J SOUL BROTHERS(前列左から岩田剛典、NAOTO、登坂広臣、小林直己、今市隆二、ELLY、山下健二郎)の10周年記念ライブに駆けつけたEXILEやGENERATIONSのメンバー。2列目左から黒木啓司、NESMITH、TAKAHIRO、AKIRA、SHOKICHI、橘ケンチ、TETSUYA、3列目左から小森隼、白濱亜嵐、数原龍友、中務裕太、片寄涼太、佐野玲於、関口メンディー

三代目J SOUL BROTHERS(前列左から岩田剛典、NAOTO、登坂広臣、小林直己、今市隆二、ELLY、山下健二郎)の10周年記念ライブに駆けつけたEXILEやGENERATIONSのメンバー。2列目左から黒木啓司、NESMITH、TAKAHIRO、AKIRA、SHOKICHI、橘ケンチ、TETSUYA、3列目左から小森隼、白濱亜嵐、数原龍友、中務裕太、片寄涼太、佐野玲於、関口メンディー

 ダンス&ボーカルグループ「EXILE」を筆頭とするEXILE TRIBE(一族)が、来年1月から有観客によるドームツアーを開催することが決定した。10日、三代目J SOUL BROTHERSのデビュー10周年記念日の特別ライブ(配信)で発表された。TRIBEとしてのツアー開催は6年ぶり。所属事務所「LDH」が掲げる来年のテーマ「RISING SUN TO THE WORLD」をもとに、エンターテインメント完全復活ののろしを上げる。
「LDH PERFECT YEAR 2020」と題し、年間を通じて所属グループがライブを開催する6年に1度の祭典は、新型コロナウイルス感染拡大により2月26日以降、発表されていない公演を含めて334公演が中止となってしまった。2020年はPERFECTに程遠いまま終わってしまうが、感染拡大状況を鑑みながら来年はエンターテインメントに再び希望の灯をともす。
 EXILEと三代目JSB、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの6組が出演するドームツアーは1月28~30日に東京ドーム、2月6、7日に福岡PayPayドーム、同12~14日にナゴヤドーム、同23、24、26~28日に京セラドーム大阪で開催される。EXILEの主要メンバーが本紙などの取材に応じ、意気込みを語った。
 TAKAHIRO(35)は「こんなにライブをやらなかった年もこれまでになかったので、弓矢の弓をぎりぎりまで引いているイメージでした。ようやくライブができるということで、日本を元気にできるように、心を込めて歌に乗せてその矢をぶっ放したいと思います」と胸を躍らせた。
 NAOTO(37)も「しっかりと成功させることプラスアルファ、それが安全であることを徹底することに意味がある。世界的に見てもひとつのモデルケースになるような、それくらいの責任感でこのツアーに臨みたい」と気を引き締めた。
 公演はすべて電子チケットとし、申し込みの際に名前や住所、連絡先などの入力が必須。また、接触確認アプリ「COCOA」の事前登録を義務化するなど対策も徹底。政府が発表するイベント開催のガイドラインや自社で立ち上げた専門家チームの意見を慎重に見極めながら、収容規模などを12月上旬に発表する予定という。
 TAKAHIROは「気持ちはソーシャルディスタンスではないので、僕らの熱さや迫力を出していきたい。ファンの皆さんへの恩返しとして、セットにもできる限りのお金はかけたいと思います!」と宣言した。

ATSUSHI卒業、14人体制お披露目


 EXILEはボーカルのATSUSHI(40)がグループ活動を卒業。14人体制の新たな姿をお披露目する場となる。
 ボーカルとパフォーマー兼任のSHOKICHI(35)は「今回からさらに変幻自在なEXILEをお見せできると思う。ATSUSHIくんがいなくなって、誰が代わりを歌うんだというイメージじゃなく新しいEXILEを一から作っていきます」とし、AKIRA(39)は「自分の中ではこの14人が本当の意味でEXILE第2章なのかなと。この14人が築き上げるEXILEの指針が今後のLDHの向かうエンターテインメントの方向になっていくと思う」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ