本文へ移動

紀平選手は曲が合わなかったかも

2019年3月21日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
練習リンクをみつめる村上佳菜子

練習リンクをみつめる村上佳菜子

 持っている力を出せた選手と、出し切れなかった選手が分かれた印象の女子SPでした。その中で一番印象に残ったのがザギトワ選手。今季は身長が伸びたり、女性的な成長で苦しんできましたが、死に物狂いで練習してきたのがすごく伝わってきました。
 体の成長をどう乗り切るかが女子選手にとって難しいところ。身長が伸びれば、感覚が狂う上にジャンプの軸が保てなくなる。私自身、大学1年で身長が伸び、とても苦労しました。それにザギトワ選手の場合はロシアの後輩たちの活躍もあって、相当なプレッシャーを感じていたと思います。だからこそ、演技後は感極まった表情をしていましたね。
 一方、紀平選手は冒頭のトリプルアクセルが四大陸選手権と同様にシングルに。精神的なものなのか、別の理由があるのか。もしかしたら、曲とタイミングが合わないのかもしれません。私にも経験がありますが、フリーでは問題ないのにSPで失敗が続いたソチ五輪シーズンは、全日本選手権の前にSPの曲を変えてうまくいきました。6分間練習を見てもトリプルアクセルは完璧。フリーではいつもの紀平選手を見せてくれると思います。
 他の日本選手は坂本選手が素晴らしかった。全日本女王ならではの精神力を見せてくれました。逆に宮原選手はちょっと緊張していたのかな。ただ、冒頭の連続ジャンプの1つ目の3回転ルッツは着氷でバランスを崩していたのに2つ目をつけたのはさすがでした。2つ目が回転不足の判定でしたが、それをマイナスに取らなくてもいいと思います。
 中1日でのフリー。坂本選手はもちろん、他の2人も勝つ実力があるだけに、まだチャンスはあると感じています。 (プロフィギュアスケーター、ソチ五輪代表)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ