利用者本位の介護、見に来て 貸衣装店大改造し老人ホームに

2020年11月10日 05時00分 (11月10日 12時03分更新) 会員限定
貸衣装店を大改造して介護施設とした正村さん(中)=岐阜市茜部寺屋敷のおひさまの杜で

貸衣装店を大改造して介護施設とした正村さん(中)=岐阜市茜部寺屋敷のおひさまの杜で

  • 貸衣装店を大改造して介護施設とした正村さん(中)=岐阜市茜部寺屋敷のおひさまの杜で
 岐阜市茜部寺屋敷で介護を手掛ける「ハートコンサルタント」は、3カ所目の住宅型有料老人ホーム「おひさまの杜(もり)」を、近くの空き店舗に開所した。もともと結婚式の貸衣装店として洋風に建てられた4階建てのビルを、入居者がくつろげる和風のホームに大改造。社長の正村直美さん(51)は「利用者本位の介護を実践している。ぜひ来てほしい」と見学を呼び掛けている。(稲田雅文)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧