本文へ移動

巨人・菅野「先陣を切る身として必ず初戦を取る」 原監督のムチャぶりに応えてファンにあいさつ

2020年11月8日 20時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本シリーズに向け抱負を話す巨人・菅野

日本シリーズに向け抱負を話す巨人・菅野

 巨人の菅野智之投手(31)が原辰徳監督(62)からムチャぶりを受けた。本拠地最終戦を終え、ファンにあいさつした指揮官は結びで「選手会長、菅野智之。まとめてチームを引っ張ってくれました。最後に選手会長よりひと言、皆さまにごあいさつ申し上げます。本当にありがとうございました」と突然のパス。
 菅野は参ったという表情を浮かべつつ、マイクの前へ立つと「急に言われたのでなんてしゃべっていいかわからないんですけど」と戸惑いつつ「東京ドームの最終戦は終わってしまったんですけど、これから日本シリーズという大きな戦いがある。今年はパ・リーグをひと泡吹かしてやりたいなと思っています」と宣言した。
 さらに「おそらく自分自身は第1戦に投げると思うので、先陣を切る身として必ず初戦を取って、日本一を達成したいなと思っています。まだまだ熱い声援をよろしくお願いします。本日はありがとうございました」と締めくくり、観客の大喝采を浴びた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ